読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

標本日記

都内のメーカーでインハウスデザイナーとして働く26歳が個人的な定点観測のために開設したブログ。ニュースや流行を単に切り取ってコメントするのではなく、自分なりに文脈を見つけていくことが目標。

2月に気になったトレンドニュース

■2月
・アメリカで苦戦するユニクロ、原因は返品条件の厳しさか?(2.1)
・専門家がワイン選びを電話でサポート「Amazon ソムリエ」開始(2.5)
・地ビール、米国で空前の売れ行き ざわつく大手メーカー(2.21)
・富裕層女性の消費のツボとは?キーワードは個対応(2.16)
・【アマゾンブックス】、覆面調査の評価は4.5!バーンズ&ノーブルより際立った長所は?(2.15)
・米アップル、FBIによるアイフォーンのロック解除要求を拒否
・【アマゾン】、オリジナルのアパレルブランド発売!スーツ・バイ・アマゾンを買います?(2.24)
・イオンが営業時間短縮 スーパー各社、早朝深夜見直し コンビニ競合・人手不足で(2.25)
・ランウェイで活躍の黒人モデル、引退の理由はキャスティングにおける白人至上主義?(2.28)
マツダがミニバン撤退 中堅各社、車種絞る(2.29)
 
 ここ何年か気になってたことだけど、リベラルな消費と保守的な消費の2系統に分かれてきている気がするんですね。これは速水健朗さんの『フード左翼とフード右翼』ですでに触れられているんだけれども。
 
そういう観点で分類してみるとこれらのニュースはこんな感じになるのかな……

リベラル:ユニクロ、地ビール、富裕層女性、アップルのFBI拒否、黒人モデル

保守:Amazonアパレル